カテゴリー別アーカイブ: Fireworks

Fireworks のフォントアンチエイリアスについて

Fireworks CS3Fireworks のアンチエイリアス(テキストのエッジのスムージング)は「クリスプ」「」「スムーズ」とあるのですが、どれもいまいちです。
ポップアップメニューの下の方にある「システムのアンチエイリアス」と比べてみます。どちらもpng32で保存しました。

アンチエイリアス-スムーズ↓
アンチエイリアス-スムーズ

システムのアンチエイリアス↓
システムのアンチエイリアス

一見違いはなさそうですが、拡大してみると…

アンチエイリアス-スムーズ(×800)↓
アンチエイリアス-スムーズ(×800)

システムのアンチエイリアス(×800)↓
システムのアンチエイリアス(×800)

文字サイズが大きい場合はもっとはっきり分かります。

アンチエイリアス-スムーズ↓
アンチエイリアス-スムーズ

システムのアンチエイリアス↓
システムのアンチエイリアス

アンチエイリアス-スムーズよりも、システムのアンチエイリアスの方がキレイに見えると思います。

Fireworks アウトラインのきれいな出し方

Fireworks CS3 のストロークは、文字を縁取ることが簡単に出来て便利ですが、アンチエイリアスの品質が今一よくないです。
そこで、ひと手間掛けます。
ストロークオプションから、デフォルトで設定されている「外側のストローク」を「中心のストローク」に変え、「塗りをストロークに重ねる」をチェックします。
ストロークのサイズが「1」だと塗りに重なって見えないので、「2〜3」程度まで太くします。
結果、以下のようになります。
外側のストローク↓(塗りとストロークの間のアンチエイリアス部分に、下の黒が透けてしまってます)

中心のストローク↓(下の黒が透けずにキレイに縁取られています)

このアウトラインと出し方は「アドビテキストエンジン」を使用する Fireworks CS4 では使えなくなりました、そこで
Fireworks アウトラインのきれいな出し方」というエントリーを書いています。
Fireworks CS4 を使用している場合はこちらのエントリーをご覧ください。