カテゴリー別アーカイブ: Coda

Coda Developerサイト

CodaCodaの、Developerサイトがありました(Coda Developer Zone)。
基本機能の分かりやすいビデオチュートリアルと、チップス、ユーザーコミュニティー「coda-users(Google グループ)」等があります。coda-usersではスタッフも積極的に参加しているようなので、英語できる人は要望を書いてみるのも良いかもしれません。

Coda Clips

CodaPanic Incパニック・ジャパン)から、発売されているコーディング用アプリケーション「Coda」の、Clips集サイトがありました(Coda Clips)。

クリップウインドウとは、よく使う文字列を素早く呼び出すことができる便利な機能です

Dreamweaverで言うところのスニペットだと思います。

Clipsを作る際の参考になるんじゃないでしょうか。

Codaその後

コーディングに本格的に使う準備をしていたのですが、どうも構文のカラーリングに難があり実用はしませんでした。(特にCSSの編集で問題が発生します。)構文のカラーリングを使わなければ、なんとか実用的なのですが…

OSが10.5.2にアップデートされたときにかなり軽くなったので、OSにも何か問題があるのかもしれません。ただ、他のソフトウェアでは全く問題が起きていないので、Coda固有の問題とも言えます。

この問題に関しては報告済みかつ、確認がとれていますので、今後のアップデートに期待します。

Coda について

Macintoch用ユーティリティを開発販売している Panic Incパニック・ジャパン)から、コーディング用アプリケーション「Coda」がリリースされています。(最新バージョンは1.1)

一般的なコーディングスタイルは CSS+XHTML になっていますが、そういったコーディングスタイルに適したアプリケーションになっています。
Dreamweaver で作る場合、CSSとXHTML のソースタブ切り替えつつ(なぜか別々のウィンドウに出来ない…)解決しました。、さらに確認用にブラウザを立ち上げ、アプリケーションを切り替えて確認する訳ですが、Codaであれば1つのウィンドウに全て収める事が出来ます。

最新の Dreamweaver でもいまだに出来ない「ウィンドウの縦分割」も出来るので、↓のようなスタイルも可能です。

(プレビューには、WebKit を使っているので、Safari と同じ見た目になります)

コーディングをガシガシやっていく人には良いアプリケーションだと思います。
Bitstream Vera Fonts をベースとした、Panic Sans というコードの見やすいフォントもついてきます。