カテゴリー別アーカイブ: Coda

「Apple LED Cinema Display (27インチ)」について

Apple LED Cinema Display 27

「Apple LED Cinema Display (27インチ)」を購入したので感想です。

今までWindows環境での確認のため、複数入力端子がある「Dell 2405FPW フラットパネルモニター」を使っていました。
しかし、Parallels Desktop でのWeb確認用に iMac を購入したことも有り、ずいぶん前からモニターを切り替える必要もなくなり、発色や発熱に不満が出てきていたので、新しいディスプレイを探していたのですが、なかなか「これだ」と言うものが見つからず購入まで至りませんでした。
そんなときに新しい「Apple LED Cinema Display (27インチ)」が発表され、今までの Cinema Display に比べて圧倒的に購入しやすい金額になっていたのと、LEDバックライト や IPS、MacBook Pro との親和性などを考慮して早速購入してみました。

発送が10月予定だったのですが、予想以上に早く届いて驚いています。
続きを読む 「Apple LED Cinema Display (27インチ)」について

Webの画面に直接マウスで書き込める「Coda Notes」

いつも素晴らしいソフトを販売してくれる「Panic」から、Webの画面に直接マウスで書き込めるSafari 5.0.1用の機能拡張「Coda Notes」がリリースされました。
Coda Notes

使い方はいたって簡単。
メモを書きたいページで「Coda Notes」インストールすると出てくる「Coda」のアイコンをクリックするだけ。
Coda Note
そうすると下に
ペン(クリックするごとに色が変わる)、ハイライト(クリックするごとに色が変わる)、消しゴムテキストエディット(ページ内のテキストを変更できる)、スティッキーズのアイコンが出てきます。
後は自由に書き込んだり、テキストを変更してハイライトしたり、スティッキーズを貼り付けたりといろいろ出来ます。

さらにその画面をメールで送ることも可能!
(メールの送信は完全に自動化されていて、送信後すぐに削除されデータは残らないということです。)

変更・修正指示は画面をキャプチャーして、そこに何かしらの手段で書き込むということが多いと思いますが、そういった手間が1つ省けそうですね。

Coda Notes for Safari: Now Available!

「Coda」1.6.10 リリース

CodaCoda」のバグフィックスがリリースされていました。

1.6でプラグイン機能が導入され、ユーザーが自由にプラグインを作れるようになりました。

その後いくつかのバグフィックスをし、1.6.8ではやっと <img> タグが W3C準拠に修正されて、イメージ挿入時の手間が減りました。

以前は、
<img src="../xxx.png" - height="xx"/>

の様に、終了タグがくっついていたので、置き換えで直していたのですが、

<img src="../xxx.png" - height="xx" />

属性の後の「”」とスペースが空くようになりました。これで、少しだけ手間が省けます。

Adobeと違って細かい修正も確実にこなしてくれているので、安心して使い続けられます。

Coda 1.5 リリース

CodaCodaの最新バージョン1.5がリリースされました。
目玉は Subversion によるソース管理、ローカルファイルのマルチファイル検索と置換、カスタムブック、クリップにグループを追加/クリップの読み込み/書き出し機能あたりです。

Leopard 環境で、テキストレイアウトを含むエディタのパフォーマンスを向上

ということで、構文カラーリングの問題が解決していました。実際に使ってみましたが、完璧に実用できるパフォーマンスになっていました。

その他にも、細かいですがOSのラベルに対応したのも、便利なアップデートになりました。

OSXのラベルに対応