WordPressで記事ごとにサムネイル表示するには

インデックスやカテゴリページの記事ごとにサムネイルを表示しようと思い、しばらくネットをさまよいましたが、初心者むけの情報がなかったのでまとめてみました。

WordPress で記事ごとにサムネイル表示するために、プラグインをローカル環境のWordPress にいくつかいれたのですが「Thumbnail for Excerpts」が一番しっくり来たのでこちらを紹介します。
(Thumbnail for Excerpts はプラグインの追加から検索するとすぐに出てきます。)

サムネイルを表示したいページの theme(メインインデックスのテンプレート (index.php)など)にある <?php the_content(); ?> を <?php the_excerpt(); ?> に変更します。

<?php the_excerpt(); ?> とは

抜粋文入力欄に記入してあればそれを、抜粋を入力していない場合は投稿内容の最初の 55個の単語までを表示します。
(注)日本語のように語句の間を半角スペースで区切らない言語では「55単語」を判定できないため、抜粋できずに本文のほとんどが出力されてしまうことがあります。
WordPress 日本語版では、この問題を含むマルチバイト関連の問題に対処するために WP Multibyte Patch プラグインを同梱しています。このプラグインを使用すると、110文字まで(設定により変更可)を抜粋文として出力できます。
引用元:テンプレートタグ/the excerpt

ということですので、インストールした時に「使用する」にしていると思いますが、まず「WP Multibyte Patch」を「使用する」にします。
次に、プラグインの管理から「WP Multibyte Patch」の「編集」を選択し、「’excerpt_mblength’ => 110,」をページに表示する希望の文字数に設定します。

プラグインの「Thumbnail for Excerpts」を「使用する」にします。

設定から「Thumbnail for Excerpts」の各種設定をします。

これで、記事ごとにサムネイルが表示されるようになるはずです。

しかしこれだけでは「Pタグ」が変な位置に出るので、使用している theme のfunctions.php に「remove_filter(‘the_excerpt’, ‘wpautop’);」と記入します。

あとは、CSSでデザインを調整します。

参考記事